新着情報

  • TOPページ
  • 新着情報
  • 事務所案内
  • サービス内容
  • 就業規則
TOPページ > 新着情報

業務案内、人事労務、社会保険関係の情報をご提供します

賃上げ2年連続最高を更新 (2018年12月3日)

厚生労働省が公表した賃金引上げに関する調査結果で、定期昇給やベースアップ(ベア)による1人平均の賃金引上げ額は月額5,675円となり過去最高を2年連続で更新したことがわかった。賃金を引き上げた(予定含む)企業も89.7%と過去最高となった。

新卒初任給、過去最高を記録 (2018年12月3日)

厚生労働省は、2018年の大卒の初任給が前年より0.3%増えて206,700円となり、過去最高を更新したことを発表した。5年連続の増加。大学院修士課程修了(238,700円)、高専・短大卒(181,400円)、高卒(165,100円)もいずれも過去最高となった。

所得税確定申告 源泉徴収票の添付不要に (2018年12月3日)

政府・与党は、所得税の確定申告に要する手続きを簡素化する方針を固めた。給与や年金の源泉徴収票の添付を不要とするほか、住宅ローン減税の申告書に記載する項目を減らすこととした。19年度税制改正大綱に盛り込む。

企業の27%で66歳以上も働ける制度 (2018年11月26日)

厚生労働省の調査(従業員31人以上の企業対象)で、66歳以上でも働ける制度を設けている企業が全体の27.6%に上ることがわかった。希望者全員が働ける制度に限ると10.6%になる(中小企業11.4%、大企業3.5%)。厚労省は、人手不足を背景に、「中小企業で高齢者の活用がより進んでいる」としている。

障害者雇用促進法の改正を検討へ (2018年11月26日)

中央省庁などによる障害者雇用の水増し問題などを受け、厚生労働省は障害者雇用促進法の改正の検討を始めた。法改正により、障害者が能力を発揮できる環境の整備や、中央省庁での障害者数の算定が適切に行われているかチェックする機能を強化したい考えで、来年の通常国会への提出を目指す。

次のニュース一覧へ

ページのトップへ

Copyright© 松本社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.